友人に相手を紹介してもらう

友人に異性を紹介してもらう

 

婚活には、友達に異性を紹介してもらうという方法もあります。
交流パーティーなど、たくさんの方が集まる場所が苦手であるというのであれば、友達に自分に合いそうな異性を紹介してもらうのもよいでしょう。
ただし、友達には、好みの相手についてしっかり伝えておくようにしましょう。
友達に、自分の好みのタイプがきちんと伝わっていれば問題ありませんが、そうでないと、好みのタイプとはかけ離れた人を紹介されてしまう可能性があります。
それが、親しい友人の紹介であれば、相手が自分のタイプではないとしても、なかなか断りづらいものです。
そのため、友達に紹介してもらうためには好みのタイプを伝えておくことが大切ですが、もしルックスにこだわるのであれば、髪型がどんなで、目がどんなふうであるのか、と説明するのではなく、芸能人などに例えて好みのタイプを伝えたほうが相手に伝わりやすいと思います。
また、理想のタイプばかりではなく、絶対にお付き合いしたくないタイプについても伝えておくと良いでしょう。
さらに、好みのタイプとはかけ離れた相手を紹介された場合のことを考え、友達には婚活をしていることを知らせないほうが良いかもしれません。
単なる飲み友達や趣味の仲間として紹介してもらったならば、好みの相手でなかった場合、交際を考えずにすみます。
その他、万が一、紹介された異性との関係が悪くなった場合、紹介してくれた友達とも気まずくなるケースもあります。
このような心配がある場合、やはり結婚相談所や婚活イベントの利用を考えた方がよいと思います。


このページの先頭へ戻る