独身生活に関して

独身生活に関して

 

長いこと独りで過ごしていると、このままずっと独りで良いのではないかと考える人もたくさんいるようです。
しかし、高齢者になった時に、独りでいることを想像してみてください。
もし自分が60歳、70歳になったらどうなっているでしょうか。
男性であっても、この年になっても自分で食事の準備をしたりなど、家事をこなさなければなりません。
兄弟、姉妹と一緒に住むことができれば話は別になりますが、独身でいると、歳を取ってからも子供の世話を受けられないということなのです。
婚活を始めた方の中には、孤独死が怖いから相手を見つけたいという方もいるようです。
仕事を持っている間は感じないことですが、仕事を辞めて一日中家にいるようになると、かなり寂しさを感じるのではないでしょうか。
趣味で充実した毎日を送ることができればよいのですが、これといった趣味がなかったり、外出が好きでない方は、誰とも話をしない日々を送ることになります。
特に、定年後は、夫婦で楽しむ時期であるという方もいますが、独身であれば、老後をずっと独りで過ごさなくてはならないのです。
独りでいることが好きな方もいれば、独りではいられなくても一緒にいる相手がいないという方もいます。
その場合、婚活に励んで相手を見つけるとよいのではないでしょうか。
40代になってしまったら、もう結婚は無理とあきらめてしまう方も多いようですが、婚活を積極的に行えば、いくつになっても結婚の望みはあるのです。


このページの先頭へ戻る